住宅工事施工者の方へ

  • 詳しい基準
  • 工事証明書の作成
  • 即時交換する場合
  • 代理申請する場合

ここからコンテンツです。

工事が行われたことを証明する書類や必要な省エネ性能を満たしていることを証明する書類の準備が必要です。

工事証明書を作成します

性能証明書/納品書・施工証明書の発行期限について

詳しくはこちら(終了)

工事施工者は、工事が行われたことを証明するため、工事証明書を作成します。

※平成23年1月から、申請書や工事証明書の書式が新しくなりました。

エコ住宅の新築の場合

  • 工事証明書 新築用(戸別申請)(終了)
  • (参考)記入の仕方はこちら(終了)

※複数の住宅分をまとめて作成する場合は、別紙に住戸番号等をまとめて記入することができます。

  • 工事証明書 新築用(戸別申請・別紙あり)(終了)
  • (参考)記入見本(別紙あり)はこちら(終了)

その他、まとめて申請する場合の申請書類とその方法についてはこちら

エコリフォームの場合

  • 工事証明書 リフォーム用(戸別申請)(終了)
  • (参考)記入の仕方はこちら(終了)

そのほか、工事写真や性能証明書の手配など、ポイント申請に必要な書類の準備を行います。

  • エコ住宅の新築の場合に必要な申請書類はこちら
  • エコリフォームの場合に必要な申請書類はこちら

また、住宅所有者(申請者)の依頼を受けて、工事施工者が代理申請を行うこともできます。

工事施工者向け手引き

申請に当たり工事施工者が
するべきことについて詳しくはこちら

工事施工者向け手引き(終了)

ご注意ください

国からの補助金を受けて、省エネ基準を要件とした住宅の新築や窓や壁などの断熱改修工事等を行っている場合は、ポイントの発行対象外です。補助金交付を受けた(または受ける予定)の住宅については、工事証明書を発行しないようご注意ください。

ここからコンテンツメニューです。

工事証明書の作成

現在のページ

工事証明書の作成

住宅工事施工者の方へ

  • 詳しい基準
  • 工事施工者がする事
  • 即時交換する場合
  • 代理申請する場合